つれづれなる備忘録

日々の発見をあるがままに綴る

Windows 10 アップデート

自宅PCのWindows 10の自動アップデートを再起動で実行したら2時間近くかかった大型のアップデートだった。 アップデートの内容としてはバージョンが1909(多分)から2004になっていた。

"Windows 10 アップデート"
Windows 10 アップデート

ところで、Windows 10 の最新バージョンは20H2なので、なぜひとつ前の2004なのか解せなかったが、以下のような事情があるようだ。

answers.microsoft.com

wanisan返信日 2021年1月14日: Windows 10 Ver.2004は去年の5月に提供されたバージョンですが、もともと多くの不具合があったことから、「不具合が起きる構成のPCについては、不具合が解消されてから配信される」という仕組みに変わったようです。 配信されない場合も、最終的にはそのバージョンのサポート期間が終わる前には配信されるようです。 このため、いつまで待っても配信されないPCも多くあり、私のPCも配信されてきませんでした。 Ver.20H2については、昨年11月にVer.2004を飛ばしていきなり配信されてきました。 結局Ver.2004は配信されないままで終わってしまい、Ver.1909からVer.20H2へのバージョンアップになりました。 なかには最近になってVer.2004が配信されてバージョンアップされたPCもあるようです。 何故そのようになるのか、何を基準に配信されているのかが分かりません。 Ver.2004は、2021年12月14日までサポートされるので、Ver.2004がなかなか配信されなかったときと同じ対応で、Ver.20H2が自動配信されるまではそのままにしておけばいいと思います。

自宅PC自体はかなり古いこともあるので、不具合が起きる構成のPCになっていて、20H2にならず2004が配信されたPCに入っている可能性が高そうだ。